検索
  • pikaichi

霊障対策1(自分で対処する方法)

最終更新: 2019年3月3日

真言を唱える

本件の対策については、あくまでも私の経験によるものなので、必ずしも実行しなけば解消されないというわけではありません。

直ぐに対処できるひとつの手段として選択してみるのも良いでしょう。 ここで重要なのは、神様や天使の存在を信じることです。



『延命十句観音経』(えんめいじっくかんのんぎょう))

を唱える

観世音  南無仏 かんぜおん なむぶつ
与仏有因 与仏有縁  よぶつういん よぶつうえん
仏法僧縁 常楽我浄  ぶっぽうそうえん じょうらくがじょう
朝念観世音 暮念観世音   ちょうねんかんぜおん ぼねんかんぜおん
念念従心起 念念不離心   ねんねんじゅうしんき ねんねんふりしん

あまり効果がない・・・と思われている方へ。

魂を成長させたいと思っている方は、自分でどんどん霊を引き寄せてしまう為、事実上、効果があってないようなものになります。(私がそうだったので)



体調不良、精神不安定の時にも心の中で良いので、繰り返し唱えてみましょう。

『延命十句観音経』について記されている最も古い文献は、中国にて西暦1269年に著された『仏祖統紀[ぶっそとうき]』という書物(全54巻)になります。

下記のような不思議な話が記されているそうです。




『仏祖統紀[ぶっそとうき]』 巻36

劉宋の元嘉二十七年、王玄謨という武将が、北方の征伐に失敗し、斬殺されるという日の前夜、「この『観音経』を一千回唱えれば、刑を免れるだろう」という夢を見、『観音経』を授けられます。王玄謨が、夢のお告げの通りにしたところ、刑執行の中止の報せがあったといいます。

巻53

ある女性が失明してしまって失意の中にあるとき、夢に在家の人が現れて『十句観音経』を唱えるようにとのお告げがあった話が載っています。その女性は、その人のお告げ通りに唱えると、その両目はふたたび光を取り戻したといいます。



不動明王の真言を唱える

不動明王は、自分自身の弱い心を断ち切り勇気や決断力を授けてくれます。

第一チャクラを活性化し『現実を生きる活力』に強い影響を与えます。


のうまく  さんまんだ  ばざらだん  せんだ
まかろしゃだ  そわたや  うんたらた  かんまん



宇宙霊障の影響


宇宙からのエネルギーや存在たちたち 主な症状:頭頂が刺されるような強烈な痛み、心臓の痛み等。(個人差や存在によっても違うと思われます)


「銀河連合、宇宙から来た私に悪影響を及ぼす存在を連れて行って下さい。私を守って下さい。」


私の場合、お願いすると直ぐに来てくれて、かなり楽になりました。

しかししつこいので、何度も銀河連合を呼んだりしましたが、何度も呼ぶ事にためらわなくても良いのです。彼らは愛と勇気に溢れた存在です。

もし、何も状況が変わらず改善しない場合は、宇宙霊障ではなく、他の存在が考えられます。


サポートを受けやすくするには


・人に親切にする。

・不平不満は言わず、良くないことが起きても執着しない。

・社会的に貢献する。

・日真言(マントラ)を唱える。

・天使と会話をしたり、アファメーションを宣言する。

 ※アファメーションとは

  ポジティブな自己宣言の事で、自分の 霊性を高めることができます。

  「私は○○になります!」「私はできます!」など。

   毎日言い続けることでその方向へ現実に引き寄せられます。

  余談ですが、

  アニメの「ワンピース」で『海賊王に俺はなる!』というルフィの

  口癖がありますが、言い続けていると本当にそうなる気がしてそうなっていきますし、   何よりもブレない心を持てるようになります。

・地元の氏神様やご縁のある神社へ参拝に行く。

日頃から続けることで、コネクションが強まりサポートを受けやすくなります。

効果の有無は人それぞれの状況にもよりますが、霊障を受けている時はとても苦しく辛いので、すぐに使える方法をご紹介させていただきました。



0回の閲覧

© Copyright 2019 ピカイチ. All rights reserve.