top of page
検索
  • 執筆者の写真pikaichi

龍神祝詞

この龍神祝詞を唱えることで、私達のDNAに刻まれている「龍のエネルギー」を活性化させます。



(たかまがはらにましまして) 高天原に坐し坐して (てんとちにみはたらきをあらわしたまうりゅうおうは) 天と地に御働きを現し給う龍王は (だいうちゅうこんげんの) 大宇宙根元の (みおやのみつかいにして) 御祖の御使いにして (いっさいをうみいっさいをそだて) 一切を産み一切を育て (よろずのものをごしはいあらせたまうおうじんなれば)

萬物を御支配あらせ給う王神なれば (ひふみよいむなやことの) 一二三四五六七八九十の (とくさのみたからを)

十種の御寶を (おのがすがたとへんじたまいて)

己がすがたと変じ給いて (じざいじゆうに) 自在自由に (てんかいちかいじんかいをおさめたまう)

天界地界人界を治め給う

(りゅうおうじんなるをとうとみうやまいて)

龍王神なるを尊み敬いて

(まことのむねひとすじに) 眞の六根一筋に

(みつかえもうすことのよしをうけひきたまいて) 御仕え申すことの由を受け引き給いて

(おろかなるこころのかずかずを) 愚かなる心の数々を

(いましめたまいて) 戒め給いて (いっさいしゅじょうのつみけがれのころもを) 一切衆生の罪穢れの衣を

(ぬぎさらしめたまいて) 脱ぎさらしめ給いて

(よろずのもののやまいをも) 萬物の病災をも

(たちどころにはらいきよめたまい)

立所に祓い清め給い (よろずせかいもみおやのもとにおさめせしめたまへと) 萬世界も御親のもとに治めしせめ給へと (こいねがいたてまつることのよしをきこしめして)

祈願奉ることの由をきこしめして (むねのうちにねんじもおす)

六根の内に念じ申す (だいがんをじょうじゅなさしめたまへと) 大願を成就なさしめ給へと

(かしこみかしこみもおす)

恐み恐み白す

※ 高天原は「たかのあまはら」「たかあまはら」「たかあまのはら」など呼び方があります。自分が読みやすい方で構いません。 ※特に龍を祀られている神社で龍神祝詞を唱えるとエネルギーを受け取ったり活性化される現象が起きます。その時の様子はこちらを参考に👇



閲覧数:48回0件のコメント

留言


bottom of page